製品紹介

標準タイプ ユニバーサルジョイント

分解・組み立て方法

注意事項
  1. S型、D型、K型、KD型、M型、MS型、MM型は分解出来ません。加工される時は出来るだけ衝撃を加えないで加工して下さい。
  2. 組立に必要な箇所以外は叩いたり、衝撃を加えないで下さい。
  3. 組立後は、作動箇所に十分に注油して下さい。
  4. 分解品がご必要な時は分解仕様(Q)をご発注下さい。
  5. 軸穴加工などの加工が終わりましたら、当社に於いて組立いたしますので、当社宛におおくり下さい。
    なお所定の費用は申し受けます。
サイズ6〜25までのB型、BD型、H型、HS型、HSD型、HSS型、BR型

分解及び組立は次の手順で行なって下さい。

分解方法

  1. カシメピン(1)をぬく。(カシメピンの中心部よりドリルでカシメ部分を取り除く。カシメピンは再使用出来ません)
  2. ハーフピン(2)を抜く。(ピンとピン穴のハメアイの関係で困難な時はピン穴付近を銅ハンマー等で軽く叩くとピンが浮き上ります)
  3. ドウ(3)がはずれます。(ドウ(3)に加工を行う場合は、以下の手順は不要です)
  4. ストレートピン(4)を抜く。
  5. ドウ(5)がはずれます。
  6. コマ(6)より含油フェルトが脱落し、紛失しないよう注意して下さい。

組立方法

  1. コマ(6)をドウ(5)に入れる。
  2. ストレートピン(4)を組付ける。(コマがスムースに動くかどうか確認し、ハーフピン座がイラスト通りになっているか確認する)
  3. ドウ(3)を組付ける。
  4. ハーフピン(2)を組付ける。(ハーフピンの廻り止め切欠きがイラスト通りストレートピンの座に入っているか確認する)
  5. カシメピン(1)を組付ける。
  6. 作動状態を確認する。
  7. カシメる。(カシメの途中、ハーフピンの浮き上りや作動状態を確認する)
サイズ30〜60までのB型、BD型、BS型、BSD型

分解及び組立は次の手順で行なって下さい。

分解方法

  1. オイルコック(1)をとりはずす。
  2. ドウ(2)をバイス、又はVブロックに固定し、スプリングピン(3)を打ち抜く。
  3. ピン(4)を抜く。
  4. ドウ(5)がはずれます。(ドウ(5)のみに加工する場合は、以下の手順は不要です)
  5. 大ピン(6)を抜く。
  6. ドウ(2)がはずれます。

組立方法

  1. コマ(7)を大ピンドウ(2)に入れる。
  2. 大ピン(6)を組付ける。(コマがスムースに動くかどうか確認する。小ピン用穴がイラスト通りになっているか確認する)
  3. 小ピンドウ(5)と小ピン(4)を組付ける。
  4. スプリングピン(3)が入るかどうか細い棒で確認し、スプリングピンを打ち込む。(大小ピンのスプリングピン穴がずれているとスプリングピンは打ち込めません)
  5. オイルコック(1)を打ち込む。