製品紹介

  • 設計及び問い扱い説明書
  • ユニバーサルジョイントの選定手順
  • ご注文に際してのお願い

パイジョン - 可変機能シリーズ

BC861

BC860で取付部品の角度が取れない場合に使用します。
cad
品 番 球φ φD2 F C P 2-M×有効
BC06- 861 W/B φ6 φ13 8 20 9 M3×5
BC08- φ8 φ15 10 M3×6
BC09- φ9
BC10- φ10 11
BC12- φ12 φ22 14 25 12 M4×8
BC13- φ13 15
BC15- φ15 φ25 18 30 15 M5×10
BC16- φ16 20
BC19- φ19.05 φ29 21.5 40 16 M6×12
BC20- φ20 23 18
※品番をクリックすると、CADデータのダウンロードページへ移動できます。
ジョインボールの組立方法
ジョインベースご購入の場合…鋼板、スチールネジ、バネは添付しています
注意
スリット部を拡げ過ぎると復元しません 十分に注意して作業して下さい
  • 先ずスリット側のキャップネジを抜き取ります
  • 添付ネジを反対側からねじ込む、スリット内にネジ先が出ないように注意して下さい
  • 図のように鋼板(0.9mm以下)を差し込み位置決めし、もう片方の手でキャップネジを軽く締め付けます
  • 添付のスプリングを穴の中央部に落とし込んで下さい
  • 六角レンチにて先ほどのキャップネジを締め込んで下さい スリット部が開いてきます、適当なところでジョインボールを強く押し込んで下さい 入らない場合は、少しキャップネジを締め込んで再度押し込むを繰り返して入れます
  • ジョインボールが挿入出来ましたらキャップネジを緩め鋼板を抜き取ります
  • ジョインボールがスムーズに動くことを確認して、キャップネジを抜き取ります
  • 最初の(1.)キャップネジを元の位置(反対側)にねじ込んで終了です
ご要望があれば当社にて、組立いたします