製品紹介

  • 設計及び問い扱い説明書
  • ユニバーサルジョイントの選定手順
  • ご注文に際してのお願い

パイジョン - マルパイジョン(サイズ別)

PJ(φ13)シリーズ

(締付用ステンレスボルトM4)
左右対称の場合、左締め・右締めをペアーで使用いただくと作業が楽です
クロス90°穴
直角軸の取付けに
φ22×42
クロス45°穴
ペアーで使用、斜め取付けに
φ22×42
PJ204 / PJ204M
片方ボス
他の部品と自由に組み合せ
品 番 L
PJ204 23
PJ204M 45
φ22×23+L
クロス片方通し
片方フリー穴
締付けなし
φ22×37
垂直、水平穴
フレームの支えや
T字形取付けに
φ22×35
クロス90°穴
天地2ヶ所で
締付け
φ25×34
円板T字形
フレーム支えや
T字形取付けに
φ30×20
PJ220~PJ225
ネジ穴加工
部品やボードの取付けに
品 番 L M
PJ220 14 M4
PJ221 14 M5
PJ222 18 M6
PJ223 18 M8
PJ224 23 M10
PJ225 23 M12
セットリング
パイションの位置変えにネジを緩めた時の
ズレ落ち防止
φ28×8.5
PJ237で支え位置調整
セットリング
微動が必要な場合にPJ238を重ね
M4ネジの締め加減で位置調整
φ28×8.5
壁面固定
2-φ4.5を利用し、
シャフトと共に固定
φ26×25
飾り玉
シャフトの先端に
取付け
球φ22
横割りクロス90°
穴分解形
フレームを分解せずに
後付けができる
φ28×34
ロングタボ M6用
平面からの立ち上げや
φ13穴に挿入も可
φ13×28
ショートタボ M6用
平面からの立ち上げや
φ13穴に挿入も可
φ13×14
PJ262~PJ265
ネジ穴タボ
平面からの立ち上げや
φ13穴に挿入、ネジ付に
品 番 M L
PJ262 M4 10
PJ263 M5 10
PJ264 M6 12
PJ265 M8 14
PJ266~PJ269
ネジ穴タボ
平面からの立ち上げや
φ13穴に挿入、ネジ付に
品 番 M
PJ266 M4
PJ267 M5
PJ268 M6
PJ269 M8
コーナー外締め用
フレーム組み立てのコーナー部に
42×42×28
コーナー内締め用
フレーム組み立ての
コーナー部に
42×42×28
薄形コーナー
フレーム組み立ての
コーナー部に
42×42×21
芯違いコーナー用(外締め)
コーナーの組立、
分解がしやすい
42×42×28
芯違いコーナー用(内締め)
コーナーの組立、分解がしやすい
42×42×28
二ツ割りT字形
フレームを分解せずに
はさみ込み(後付け可)
36×29×22
二ツ割りT字形
フレームを分解せずに
はさみ込み(後付け可)
28×29×22
二ツ割り十字形
フレームを分解せずに
はさみ込み(後付け可)
36×29×22
二ツ割り十字形
フレームを分解せずに
はさみ込み(後付け可)
28×29×22
二ツ割り5方向穴
フレームの要め部分に
分解せずに、
はさみ込み
(後付け可)
28×29×22
二ツ割り45°支柱用
ペアーで使用
斜め45°で支柱の支えに(後付け可)
36×29×22
二ツ割り平行2軸穴
PJ302~PJ304の
2軸押さえにも
(後付け可)
29×40×22
二ツ割り平行2軸穴
PJ303~PJ304の
対角軸の押さえにも
(後付け可)
29×48×22
二ツ割りT字形
水平軸が片面と
ほぼ一定(後付け可)
33×29×22
二ツ割りT字形
水平軸が片面と
ほぼ一定(後付け可)
25×29×22
二ツ割り45°支柱用
ペアーで使用、斜め45°で支柱の支えに
34×29×22
二ツ割り平行2軸
PJ302~PJ304の
2軸押さえ、両方開放
(後付け可)
29×34×22
二ツ割り平行2軸
PJ303~PJ304の
対角軸の押さえなどに
(後付け可)
29×43×22
二ツ割りレール用T字形
ガイドパイプの
はさみ込み(後付け可)
31×29×22
二ツ割りレール用T字形
ガイドパイプの
はさみ込み(後付け可)
23×29×22
二ツ割り6方向穴
フレームの要め部分に
分解せずにはさみ込み
(後付け可)
28×29×22
片方二ツ割りクロス90°穴 ◎
直角軸の取付けに(後付け可)
25×62×24
PJ503~PJ505
ネジ穴加工
部品やボードの取付けに
品 番 M
PJ503 M3
PJ504 M4
PJ505 M5
20×29×11
2ヶ所ネジ穴加工
部品やボードの
取付けに
32×25×12
軸穴追加
400番タイプと18ピッチが同じ
2種類の組み合わせで穴を追加できます
29×28×11
軸穴追加
PJ506,PJ516
に準ずる
29×28×11
壁面固定
2-φ5を利用
シャフトと共に固定
29×25×11
コーナー固定敷
15×29×11
微調整ブロック
M6ネジで
微動が出来ます
29×28×11
自由方向追加
2個の組み合せで軸の向きが自由になります
29×20×11
水平穴
水平・側面軸の
立ち上げに
28×38×10
垂直穴
垂直軸の固定に
24×38×24
フランジ
側面や垂直軸の
取付けに
40×27×10
継手
軸の継ぎ足しに
28×20×27
PJ605~PJ607
継手
ネジ穴を利用、部品の取付けに
品 番 M
PJ605 6M
PJ606 M8
PJ607 M10
28×20×27
垂直、水平穴
L字形取付け水平穴 奥詰まり
28×38×24
垂直、水平穴T字形
垂直、側面軸の取付けに
28×38×28
プレート付垂直穴
アルミフレームにもネジで固定
(ガイドタボを用意 しております)
30×70×34
FPJ821
カメラネジ
画像機器を強固に取付け
線はパイプ穴を示す)
※300、400番タイプは組み付け時に端面にある合マークを必ず合わせてください
※品番をクリックすると、CADデータのダウンロードページへ移動できます。